スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------(--)
 

ギン 

『キミが明日蛇となり  人を喰らいはじめるとして
 人を喰らったその口で  ボクを愛すと吼えたとしても
 果たしてボクは今日のように  キミを愛すと言えるだろうか』

 
関東に比べたら遅いかもしれませんが、
BLEACHのアニメ、ギンの死ぬ回が放送され、何度も何度も見ました。
予告編から涙がでて、本編ではもう、ほんとに泣きました。
やっと今、書けるかなって思いました。

「乱菊」って呼ぶ声が頭から離れない。
ギンがどうしても、乱菊と一緒に居られることを捨ててまで欲しかったのは、「乱菊の泣かない世界」。

ギンの全部は乱菊のためで、それがそのままギンのためだったのかな。

「謝っといて良かった」なんて、あー、もう。
予告でも本編でも、ギンが言った言葉は、「キミ」がギンで、「ボク」が乱菊なのかなあ。


「任せて、逝ける」なんて、確かに一護は藍染に勝つだろうけど、そんなことないのに。
最期、一言でも交わして欲しかった、なあ。


切な過ぎる。




スポンサーサイト
2011-02-19(Sat)
 

コメントの投稿

非公開コメント


プロフィール

煉夏

Author:煉夏
すきなものを、すきなだけ。
ときどき憂鬱、おおむね晴れ。

ゲーム、アニメ、マンガ、
声優さんを尊敬してます。

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。